ロジスティクス

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2024年6月18日

FWD・NVOCC
アジア向けも「買い負け」対応急ぐ

 日本発でスペースを確保できない「買い負け」の影響が広がっている。日本発アジア向け海上輸送でコンテナ船のスペース不足が表面化し、フォワーダー(FWD)・NVOCCは対応を急いでいる。運賃が上昇するアジア発にアジア域内航路もアロケーションが優先されているようで、一部船社は日本発のブッキング受付の対応が困難とする内容の声明を発表した。ある大手FWD関係者は「便数が急減し、運賃を上乗せすればスペースが確...