地方港 助成制度 内航重視へじわり転換 戦略港湾を側面支援 [7月31日]

 国土交通省港湾局の協力要請を受け、これまで主に外航航路を補助対象としていた地方港のインセンティブ制度の内容が、国際コンテナ戦略港湾と接続する内航航路「国際フィーダー」重視へじわり...

お知らせ

PR
日刊CARGOの井上昭憲副編集長が7月2日に「第27回インターフェックスジャパン」会場内で行った「日刊CARGOセミナー・医薬品航空物流の最新動向」はおかげさまで盛況にうちに終了しました。このセミナーで使用したパワーポイント資料のPDFはこちらからダウンロードできます。NEW

日刊CARGOは6月30日、臨時増刊「アセアン物流特集−自動車物流を追え」(A4判雑誌80ページ、本体2,778円+税)を発行しました。日刊CARGO記者がタイ、インドネシア現地取材を敢行、アセアン自動車物流、コールドチェーンの最前線事情などをリポートしました。同特集号の詳細および購入ご希望の方は海事プレスダイレクトショップにアクセスしてください。クレジットカードもご利用いただけます。NEW

日刊CARGOは消費税率アップに伴い、4月1日から新聞購読料(税込)が1カ月1部8,640円、電子版購読料が1カ月1ID7,560円となります。3月31日17時以降の受付分から新消費税率が適用になります。また、これまで海外で購読料をお支払いになる電子版読者には消費税を適用してきませんでしたが、税務当局の指導などにより4月1日から海外地域の電子版読者にも消費税を適用させていただくことといたしました。NEW

「日刊CARGO」および「日刊CARGO電子版」の購読料がクレジットカードでもお支払いいただけるようになりました。従来からの銀行振り込みでのお支払いも含め、リニューアルした「海事プレス ダイレクトショップ」からお手続きが可能です。臨時増刊「物流企業の海外拠点2014年版フレッシュマンのための航空貨物Q&A100問100答」「ーフレッシュマン必携本ーロジスティクスの基礎知識」なども同時購入可能です。どうぞご利用ください。NEW

フレッシュマンのための航空貨物Q&A100問100改訂第5版」など海事プレス社発行の雑誌・書籍類は「honto」「BookLive!」「「紀伊國屋書店BookWeb」「GALAPAGOS STORE」「Book Place」「Reader Store」などの電子書店でもご購入いただけます。また、通常形態の書籍は引き続き海事プレス社販売部(電話:03-5835-4162、Eメール:hanbai@kaiji-press.co.jp)でも販売しております。

◆「日刊CARGO」の新聞購読者は「日刊CARGO電子版」に無償で会員登録できます。登録には新聞購読者の「得意先コード」と「契約番号」が必要になります。登録手続きはこちらから。

◆日刊CARGOは電子版のみでもご購読いただけます。電子版のみの購読料は1カ月7,560円(3カ月以上のご購読から承ります)で、「
海事プレス ダイレクトショップ」からご注文いただけます。電子版をまずお試しになりたい方には電子版試読サービスも用意しています。ご購読、ご試読の詳細をお知りになりたい方はこちらから。

【重要】日刊CARGO WEBにログイン後、閲覧を終了する場合には、必ずログアウトボタンを押して終了してください。ログアウトしないままブラウザを閉じる(×ボタンで閉じる)とシステム上、一定時間(20分くらい)、再ログインできない状態になりますので、あらかじめご了承ください。
 
◆「きょうのニュースヘッドライン」や「あしたの掲載記事予定」が毎朝お手元に届く「日刊CARGOメルマガ」の配信登録手続き(無料)はこちらから。
日刊CRGO 試読申し込み
アグロ・イノベーション 2014

動画アーカイブ

第27回インターフェックスジャパンが開幕

一覧はこちら

医薬品国際物流2014

世界のヘルスケア市場をめぐり国際物流事業者は積極的に投資を続けている。

» 詳しくはこちら

成田空港2014

年間30万回発着の実現という大きな変化の中で成田空港は物流業界にどう貢献するのかー成田の物流潜在力を問う。

» 詳しくはこちら

内外トランスライン

世界の天気

--

ニューヨーク

曇り

ロサンゼルス

雪

バンクーバー

雨

リオデジャネイロ

曇り

ロンドン

晴れ

ローマ

晴れ

ケープタウン

曇り

ニューデリー

雨

香港

シドニー

物流ウィークリー
国際物流総合展2014
マリンネット
ベトナム航空
データ読み込み中
データ読み込み中
データ読み込み中
クルーズ7月号発売中!
読者Web登録
動画アーカイブ
日刊CARGO プロモーションビデオ 女性編
日刊CARGO プロモーションビデオ 記者編
Page Top