2018 6 13

水曜日

の紙面

大メコン圏・越境物流動向 越境交通許可、日系2社取得 制度統一、収益性も焦点 [6月13日]

 大メコン圏(GMS)の越境物流で、新たな制度活用に動きが出ている。今月1日、越境交通協定(CBTA)の早期実施に向け、実施可能な措置を前倒しで行う「アーリーハーベスト措置」が導入...

【CARGOリポート】八戸港特集 実入りコンテナが過去最高 今年度、コンテナヤード拡張 [6月13日]

 青森県の八戸港は昨年、実入りコンテナ取扱量が過去最高を記録した。今年度中にはコンテナヤードの拡張が完了する予定で、港湾荷役の効率性が高まる。国内フェリーが着岸する岸壁では昨年、2...

シンガポールセミナー2018

お知らせ

PR
 
海事プレス社発行の雑誌・書籍類は海事プレス ダイレクトショップまたは電子書店でもご購入いただけます。ご不明な点がございましたら販売部hanbai@kaiji-press.co.jp 
へお問い合わせください。

◆「日刊CARGO電子版」の閲覧ブラウザは「インターネットエクスプローラー」に最適化されています。その他のブラウザでは正確に表示されないことがありますので、日刊CARGO電子版をご利用の際はインターネットエクスプローラーをご使用ください。
 
◆「きょうのニュースヘッドライン」や「あしたの掲載記事予定」が毎朝お手元に届く「日刊CARGOメルマガ」の配信登録手続き(無料)は こちら から。
日刊CRGO 試読申し込み
日刊CARGO 求人広告募集

動画アーカイブ

第20回JAFA-BIAC賀詞交歓会が開催

一覧はこちら

農水産物・食品輸出物流特集

国際航空運送協会(IATA)が毎年開催するワールドカーゴシンポジウム(WCS)では、航空貨物業界を取り巻くさまざまなテーマが議論される。今年3月、米国ダラスで開催されたWCSの中で、生鮮食品・ペリシャブルをテーマとしたセッションがあった。その中で、サプライチェーン・コンサルタントのフランク・バン・ゲルダー氏が「Disruptive Food Supply Chain Changes Impacting the Airfreight Perishbales」と題し、考えを披露した。

» 詳しくはこちら

「通関業の日」特集

昨年10月8日。「輸出入申告官署の自由化」(官署自由化)と、大幅に改正された「改正通関業法」が施行された。第6次NACCSも同時に稼働、新しい通関システムが始動した。業界をリードする日本通関業連合会は同日を「通関業の日」と定めた。初の記念日を迎え、業界を支えるキーマンから、言葉を集めた。

» 詳しくはこちら

DHLグローバルフォワーディング

世界の天気

--

ニューヨーク

曇り

ロサンゼルス

雪

バンクーバー

雨

リオデジャネイロ

曇り

ロンドン

晴れ

ローマ

晴れ

ケープタウン

曇り

ニューデリー

雨

香港

シドニー

物流ウィークリー
ガルーダ インドネシアカーゴ 成田・羽田・関空より毎日運航
マリンネット
データ読み込み中
データ読み込み中
データ読み込み中
クルーズ10月号発売中!
読者Web登録
動画アーカイブ
Page Top