航空

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2023年3月17日

リヤドエア設立、空港大型投資も
サウジ脱石油成長戦略で

 サウジアラビア政府が、同国首都リヤドの国際航空ハブ機能を増強する大規模投資を進めている。今月12日、政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)の完全子会社として、新たにリヤドエアを設立すると正式発表した。14日には、ボーイングにB787-9型39機を発注(オプション権は33機分)。リヤドエアがハブとするリヤドでは、滑走路6本を備えるキング・サルマン国際空港を新たに整備する計...