特集【無料】

2022年6月21日

関西物流特集

 コロナ禍3年目、国際物流の混乱は関西にも影響を及ぼしている。サプライチェーン維持のため、阪神港、関西空港の現状や、関西のロジスティクス企業の取組を紹介する。

2022年6月15日

農水産物・食品輸出物流特集2022

 ゼロコロナ政策の中国を除けば世界は新型コロナウイルス禍での活動制限緩和に向かっている。飲食店の通常営業は再開し、農水産物・食品の輸出実績を押し上げていくことが期待される。

2022年6月10日

門司税関・門司通関業会特集

 門司税関・門司通関業会は、事業者のRCEP利用促進に力を入れている。積極的なセミナー開催や個別相談への対応を進めている。門司税関・門司通関業会の活動状況を紹介する。

2022年6月2日

横浜港特集

 横浜港で物流機能が強化されている。本牧ふ頭の再編が進み、新本牧ふ頭の造成にも着手した。大黒ふ頭では自動車船11隻が同時着岸できる体制が整い、利便性が向上している。  

2022年5月20日

東京港特集

 2040年代を見据えた東京港の長期構想が完成し、今年度から第9次改訂港湾計画の策定に向けた検討が本格化する。「進化し続ける未来創造港湾」を目指し、取り組みが加速する。

2022年5月13日

成田空港特集

 2021年の国際貨物量が過去最高の259万トンを記録した成田空港。日々、全国から押し寄せる貨物を高効率・高品質でさばく、主要プレイヤーの取り組みを紹介する。

2022年3月28日

北部九州海上物流特集

 北部九州港湾(博多港、北九州港、下関港)では、農林水産物・食品輸出の促進や洋上風力発電の加速など新たな物流需要が期待されており、対応に向けて機能強化が進んでいる。

2022年3月22日

リーファー輸送特集

 コロナ禍で海上コンテナ輸送の混乱が続く中、いかにコールドチェーンを構築・維持していくかという重要性が増している。輸送遅延やコンテナ不足などさまざまな課題により、コールドチェーンが続き

2022年3月15日

北九州港特集

 北九州港は、北部九州地域のものづくりを支える重要拠点だ。足元では、産業を支える物流拠点機能を一層強化するほか、脱炭素化に向けた取り組みも進んでいる。

2022年3月8日

【医薬品物流特集】「温度管理、アクティブかパッシブか」

 医薬品物流では温度管理が重要だ。新型コロナウイルス禍の物流混乱にどういった手法を用いるべきか。「アクティブ」と「パッシブ」を比較しながら現状と課題をみていく。

2022年2月25日

神戸税関・神戸通関業会特集

 神戸税関・神戸通関業会は、オンライン活用で利用者・会員の感染対策と利便性向上を実現した。さらに、AI(人工知能)、ドローンなど先端技術の活用にも取り組んでいる。

2022年2月7日

【内航フェリー・RORO船特集】24年問題でモーダルシフト加速

 「国内物流の2024年問題」が懸念される中、モーダルシフトの受け皿として内航フェリー・RORO船が注目されている。船社は需要拡大を見据え、船舶大型化や航路拡充を進めている。

2022年1月14日

【清水港特集】機能強化進展で利便性向上

 清水港の利便性が高まっている。中部横断自動車道の静岡―山梨県区間が全線開通し、アクセスが向上したほか、コンテナターミナルの機能強化も進んでいる。

2021年12月21日

物流企業の海外拠点一覧【2022年版】

  主要日系物流企業127社の現地法人、支店、営業所、事務所、ロジスティクスセンターなどを紹介。企業別、地域別の2通りの掲載方式をとっており、目的によって使い分けが可能。半世紀にお続き

2021年12月14日

半導体・電子デバイス製品・精密機器輸送特集2021

 半導体製造装置の荷動きは今年も安定的に推移し、日本発航空輸出市場を底支えしている。障壁なのが、コロナ禍で立ちはだかる航空スペースのひっ迫だ。特に中国向けは「封鎖管理」の影響でキャ続き

2021年12月7日

【医薬品物流特集】グローバル基準への対応

 国内外で多くの物流企業が医薬品分野でのサービス拡充を進めている。グローバル案件の獲得に向けてはハンドリングや物流管理の「標準化」や「ネットワーク化」が重要となる。

2021年12月6日

【北九州空港特集】国際貨物施設拡張へ 物流拠点空港として飛躍

 北九州空港の国際航空貨物輸送ネットワークの重要性が高まっており、「九州・西日本の物流拠点空港」としての機能強化が注目されている。

2021年11月29日

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)40周年特集

 500社超の会員企業を抱える国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)。「ニッポンNVOCC」を代表する団体として、業界の声を社会に伝え、同業者が手を携える場を提供している。設続き

2021年11月22日

羽田空港物流特集2021

 「正念場」――。日本の国際空港の中で、新型コロナウイルス禍の影響を特に強く受けているのが羽田空港の国際物流だ。貨物機の定期便が運航されていない羽田にとり重要な国際線旅客便の復便は続き

2021年11月16日

農水産物・食品輸出物流特集2021

 新型コロナウイルス禍で2年目。農水産物・食品の輸出物流では引き続き、航空、海運ともにスペース確保が課題だ。これはドライ貨物も含めた輸出物流全体の大きな課題でもある。