1. ニュース

特集【無料】

2024年6月18日

農水産物・食品輸出物流特集2024無料

 物流の2024年問題がある中、農水産物・食品の最適な輸出物流が求められている。コロナ禍収束に伴う変化や各社の取り組みを紹介する。

2024年6月7日

薩摩川内港特集無料

 薩摩川内港の国際定期コンテナ航路が今年4月に開設20周年を迎えた。国直轄の整備事業をはじめ、取扱量の増加に向けた取り組みが進む同港の現状と展望を紹介する。

2024年5月20日

東京港特集2024無料

 東京港は進化し続ける港を目指し、取り組みを加速している。昨年度は「東京港第9次改訂港湾計画」が策定され、物流機能強化や環境対応などの取り組み方針が示された。

2024年5月13日

成田空港特集2024無料

 「新しい成田空港」構想では新貨物地区で機械化・自動化を推進する。日本最大の貿易港は「東アジアの貨物ハブ」を目指し、取り組みを本格化する。構想を紹介する。

2024年4月8日

関西物流特集2024無料

 ポストコロナでの関西経済の現状と、来年開催される大阪・関西万博を前にした取組状況を紹介する。4月から始まった「物流の2024年問題」への対応など各社の対応も紹介する。

2024年3月11日

CEIVファーマ特集無料

 コロナ禍が明け、GDP(医薬品の適正流通基準)対応のサプライチェーン構築を進める製薬会社や卸企業の動きが加速している。医薬品輸送のスタンダードとして、IATAの医薬品輸送品質認証続き

2024年2月13日

越境EC物流特集無料

 新型コロナ禍で急拡大した越境EC(eコマース)市場がさらに成長を続けている。グローバルで小売のEC化が見込まれており、需要取り込みを進める物流企業を取り上げる。

2024年2月2日

博多港特集2024無料

 博多港は「アジアのゲートウェー」として九州とアジア・世界をつないでいる。半導体関連需要などでも一層盛り上がる博多港の最新の取り組みを紹介する。

2024年1月5日

【新年号】国際物流の2024年問題無料

 貿易・産業構造は時代の趨勢によって変化し、サプライチェーンと国際物流マーケットは大きな影響を受ける。多くの問題を抱えながらも時は進み、ポストコロナの新たなパラダイムが現出しつつあ続き

2023年12月22日

中国特集無料

 数々の荒波を超えて成長を続けてきた中国の物流マーケット。しかし、「今が一番厳しいかもしれない」。正念場。“アフター・ゼロコロナ”の混迷を覆す、打開策は。

2023年12月15日

ブレークバルク・重量物輸送特集2023無料

近接部門のコンテナ船市況高騰の影響などプラス要因がなくなったが、プロジェクト輸送の需要が堅調さを保つブレークバルク・重量物輸送マーケット。最新動向を紹介する。

2023年11月24日

羽田空港物流特集2023無料

 羽田の国際貨物が驚異的な回復を見せている。国際旅客便の発着回数が過去最高に達し、貨物量もついにコロナ前超え。物量の急増に対応する関連事業者の取り組みを見ていく。

2023年11月13日

熊本・九州半導体物流特集無料

 台湾TSMCが進出した熊本県。同社の新工場向けに2023年10月、半導体製造装置の搬入が本格的に始まった。「シリコンアイランド」で進む半導体物流の取り組みを追った。

2023年11月10日

中部圏物流特集2023無料

 ポストコロナでグローバル・サプライチェーンの見直しなどが進む。世界屈指のモノづくり地域である中部圏は国際物流にいかに取り組んでいくか。最新動向を紹介する。

2023年11月9日

小樽港特集無料

 小樽港は観光・物流双方の拠点化を目指し、長期構想を踏まえたふ頭の再編を進めている。利便性向上の取り組みと、北海道新幹線の延伸開通に伴う今後の可能性を紹介する。

2023年10月25日

北九州市物流特集2023無料

 国際拠点港湾である北九州港は長年、背後に立地するものづくり産業を支えてきた。陸海空の結節機能もさらに強化されており、物流2024年問題の解決に貢献する。

2023年10月6日

通関業の日特集無料

 日本の国際物流の新たな課題は、輸出では経済安全保障対応、輸入では越境EC関連を中心とした輸入貨物急増への対応だ。「通関業の日」特集として輸入急増の現状を紹介する。

2023年9月20日

空の日特集無料

 2050年の「ネットゼロ」達成に向け取り組みが進む。新たな脱炭素技術の登場、世界初の民間ドローン航空会社の始動と、航空業界の脱炭素化は新たなステージに入りつつある。

2023年9月12日

国際物流総合展特集無料

 コロナ禍を経てサプライチェーンの強靭性向上につながる物流ソリューションが求められている。物流企業も収益の維持・拡大へ高度な物流ソリューションの提案を進めている。

2023年9月5日

環境物流特集2023無料

 物流領域で脱炭素化をいかに進めていけばよいのか。政策・基準を巡る議論は活発で、サービス開発も進む。ロジスティクス、海運、航空分野での実現に向けた鍵を探る。