航空

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2023年10月12日

グリーンシッピング
北九州空港で共同上屋業務スタート

 商船三井グループのグリーンシッピングは門司港に本社を置き、船舶代理店事業・曳船事業・通関事業の3本柱で地域経済発展のビジネスニーズに応えている。通関事業部門では、2010年10月に北九州空港の保税蔵置場許可を取得。今年6月から、北九州空港内で輸入通関できる共同上屋業務を開始した。  船舶代理店事業では、客船の取り扱いに強みを持つ。2020年以降は、コロナ禍によって客船の寄港が無くなった影響...