コラム

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2022年9月27日

【展望台】航空業界飛躍への道標に

 国際拠点空港の機能強化の動きが目立ち始めた。直近では関西空港が1時間当たりの発着回数(時間値)を増加させて発着容量拡大を目指すことが明らかになった。  関西空港は現在、時間値45回で運用されている。9月18日に開催された「関西3空港懇談会」では、この時間値は最大46回が可能であるとの試算が示された。さらに時間値を約3割増加させて60回を目指す方針が確認された。2030年代に見込まれる年間発...