海運

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2022年11月24日

【<連載>コンテナ船社名古屋拠点の取り組み③】
SITC JAPAN
多頻度配船で安定感

 SITC JAPANは名古屋発着のアジア域内航路で広範なサービスネットワークを展開している。あえてアジア域内から手を広げないことで配船数を維持し、柔軟性の高いサービスを提供。今後も渤海向けやベトナム向けなど他社よりも寄港頻度などに強みを持つ航路で、取り扱いを伸ばしていく。  名古屋港に寄港するサービスとしては自社で運航する10航路に加え、スロット交換でも3航路を運航している。アジア域内航路...
  • バリシップ2023