海運

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2022年12月2日

米国コンテナ荷動き
シェアで東岸・ガルフが西岸逆転
労使交渉など影響か

 アジア発米国向け東航荷動きで、西岸港ルートのシェア低下が進んでいる。コロナ禍前まで約6割が西岸ルートを使用していたが、日本海事センターの統計資料によると、今年8月に初めて50%台を割り込んだ。その後10月まで3カ月連続で40%台で推移。9月には、東岸とガルフを合算したシェアが初めて西岸を逆転した。西岸の港湾・鉄道で労使交渉の先行き懸念があり、東岸・ガルフルートの利用が増えていると見られる。 ...
  • バリシップ2023