海運

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2023年11月28日

コンテナ船社
パナマ運河通航で課徴金の動き
MSCやCMA-CGMが導入へ

 パナマ運河の水不足に伴い、通航隻数の制限が厳しくなる中、コンテナ船社は運航コストなどをカバーするため、課徴金の導入を進める動きが出ている。MSCは12月15日からパナマ運河を通過するコンテナ貨物に対して、1TEU当たり297ドルのサーチャージを課す方針を発表。CMA-CGMも来年1月1日からパナマ調整係数(Panama Adjustment Factor)としてコンテナ1本当たり150ドルを課徴...