1. ニュース

海運

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2023年5月26日

北米東岸コンテナ航路、積載量調整や課徴金の動き
パナマ運河の喫水制限で

 パナマ運河の干ばつにより、北米コンテナ航路に影響が出ている。パナマ運河庁(ACP)は24日から、通航する船舶の最大喫水制限を13.56メートルに強化した。30日には13.41メートルへとさらに強める方針だ。同制限に伴い、アジア-北米東岸コンテナ航路で積み荷の重量制限を行う動きがあるほか、「喫水制限の影響で本船に積みきれず、トランシップ港で貨物が滞留するケースも出ている」(コンテナ船社関係者)とい...
  • 会社要覧24年度版 発売