1. ニュース

海運

2024年5月15日

北米東岸港労使交渉 9月末までに新協約締結目指す 地区交渉が週内完了へ

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会(ILA)と使用者団体の米国海洋連合(USMX)は現地時間13日、共同声明を発表し、地区協約交渉が今月17日までに完了する見込みで、続き

2024年5月15日

アジア発欧州・地中海向け 4月中旬以降は運賃急騰続く 港湾混雑・空コン不足も

 アジア発欧州・地中海向けのコンテナ運賃が4月中旬以降、急速に上昇している。上海航運交易所がまとめるSCFIによると、5月10日付の上海発欧州向けのスポット運賃指標は、4月26日比続き

2024年5月15日

釜山発コンテナ運賃指標 主要航路が軒並み100ドル超増

 韓国海洋振興公社(KOBC)が5月13日に公表した韓国・釜山発コンテナ船スポット運賃指標「KOBC Container Composite Index(KCCI)」は主要航路がい続き

2024年5月15日

伏木海陸運送<23年7月~24年3月期決算> 経常益42%減、港運事業で取扱量減

 伏木海陸運送の2023年7月~24年3月期連結決算は、経常利益が前年同期比41.9%減の6億300万円だった。主力の港運事業はロシア向け輸出などの取扱量が減少し、減収減益だった。続き

2024年5月15日

大東港運<24年3月期決算> 経常益33%減、輸出入取扱事業低調

 大東港運の2024年3月期通期連結決算は、経常利益が前の期比32.5%減の7億9600万円だった。主力の輸出入貨物取扱事業は、農畜水産物やその他日用品の減少で減収減益となった。売続き

2024年5月15日

名港海運<24年3月期決算> 経常益6%減、港湾運送は減収

 名港海運の2024年3月期連結決算は、経常利益が前の期比6.1%減の65億3600万円だった。売上高は7.6%減の777億円、営業利益は15.7%減の52億6500万円、当期純利続き

2024年5月15日

JR貨物 24年度は海コン900FEU目標 京浜港―大館で背高コンテナ輸送も

 日本貨物鉄道(JR貨物)は今年度、国際海上コンテナの鉄道輸送に関して、40フィート型コンテナを年間900本/1万8000トンの輸送を実施することを目標にする方針だ。同社が13日に続き

2024年5月15日

コスタマーレの1~3月業績 純利益31%減の1億ドル

 ニューヨーク証券取引所に上場するギリシャ系船主コスタマーレの2024年1〜3月期業績は、売上高が前年同期比91%増の4億7543万ドル、営業利益が33%減の1億340万ドル、純利続き

2024年5月15日

ICTSI 比・バタンガス港で新CT 年間200万TEU見込む

 フィリピンに本拠を置くターミナルオペレーターICTSIは13日、フィリピンのバタンガス州バウアンで新たなコンテナターミナルを建設する。同社によると新CTは、フィリピンにおける民間続き

2024年5月15日

トレードワルツ 兼松がPF活用で輸入書類電子化 税関調査時の作業削減

 貿易情報連携プラットフォーム(PF)「TradeWaltz」を運営するトレードワルツは14日、同社のPFを利用する総合商社の兼松が輸入関係書類の保管を全面電子化したと発表した。輸続き

2024年5月15日

CNC インドネシア向け直航便を開始 6月から

 CMA-CGMグループのCNC(チェンリー)は来月から、日本発インドネシア向けの直航サービス「JPI」を開始する。エバーグリーンとのスロット交換で提供する定曜日ウイークリーサービ続き

2024年5月15日

フジトランス、DX事業者に認定

 フジトランス コーポレーションは14日、経済産業省が定めるDX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度に基づき、認定事業者として1日に認定されたと発表した。  同社はD続き

2024年5月15日

【プロフィール】オーシャン・ネットワーク・エクスプレス・ジャパン社長 戸田潤氏 路線を継承、集荷に重点

 ――これまでのご経歴を教えてください。  戸田 大学卒業後、1989年に川崎汽船へ入社しました。これまでのキャリアを振り返ると、途中3年半ほど自動車船部門でアジア・中近東・続き

2024年5月14日

アジア―米国東航荷動き、データマイン調査 4月は10%増の153万TEU

 米国のデカルト・データマインが13日に発表した、2024年4月のアジア主要10カ国・地域発米国向け東航コンテナ荷動き(母船積み地ベース)は、前年同月比9.5%増の153万2658続き

2024年5月14日

井本商運 日本海航路で直江津寄港 小名浜・十勝・釧路航路も開始

 井本商運は来月上旬から、北九州港(ひびきコンテナターミナル)経由で日本海側港湾と阪神港を結ぶ内航フィーダー航路で、新潟県の直江津港に追加寄港する。さらに今月中旬からは、北海道の十続き

2024年5月14日

北陸地整局と福井県、式典を開催 敦賀港複合一貫輸送ターミナル整備に着工

 国土交通省北陸地方整備局と福井県は12日、敦賀港(鞠山南地区)複合一貫輸送ターミナル整備事業の着工式典を開催した。九州航路の内航RORO船の大型化に対応し、北海道航路と2隻が並ぶ続き

2024年5月14日

ドゥルーリー 欧米向け運賃が大幅増 総合指標も3000ドル台回帰

 ドゥルーリーが9日に公表したコンテナ船運賃指標WCI(ワールド・コンテナ・インデックス)によると、上海発欧州・地中海向けと北米向けの運賃が大幅に上昇した。総合指標も前週比16%増続き

2024年5月14日

日本トランスシティ<24年3月期決算> 経常益18%減、総合物流事業が減収

 日本トランスシティの2024年3月期通期連結決算は、経常利益が前の期比18.3%減の73億5200万円だった。売上高は8.6%減の1225億円、営業利益は13.9%減の62億41続き

2024年5月14日

ヤンミン 1Q純利益は約2.8倍の3億ドル 市況改善で増益

 台湾船社ヤンミン・マリン・トランスポートが10日に発表した2024年第1四半期(1~3月)決算は、親会社株主に帰属する当期純損益が前年同期比約2.8倍の93億7950万台湾ドル(続き

2024年5月14日

リンコーコーポレーション 経常益36%減、運輸部門は減収

 リンコーコーポレーションの2024年3月期通期連結決算は、経常益が前の期比35.9%減の2億7400万円だった。主力の運輸部門は貨物取扱数量の減少などで減収となった。売上高は2.続き