1. ニュース

航空

2024年6月7日

英メンジーズ ポルトガル企業の買収完了

 アジリティグループで空港グランドハンドリング業務などを手掛ける世界大手、英メンジーズ・アビエーションは4日、グランドフォース・ポルトガルの株式50.1%の取得が完了したと発表した続き

2024年6月7日

IATA、来年SAF効果測定ツール提供へ

 国際航空運送協会(IATA)はこのほど、持続可能な航空燃料(SAF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を正確に算定する「SAFレジストリ」のサービスを、2025年第1四半期続き

2024年6月6日

リヤドエア シンガポール航空などと貨物含む協業へ

 サウジアラビア国営の新興旅客航空会社、リヤドエア(RXI)は2日、シンガポール航空(SIA)と、貨物サービスも含めた戦略的なパートナーシップを構築することで合意した。翌3日には、続き

2024年6月6日

IATA予測 貨物売上高1198億ドルに上昇修正 航空会社の売上高過去最高に

 国際航空運送協会(IATA)が3日に更新した業績予測によると、世界の民間航空会社の売上高は今年、過去最高の9960億ドル(約154兆円)に達する見通しだ。うち、貨物売上高は前年比続き

2024年6月6日

邦人航空の3月輸送量 国際貨物7.5%増の13万トン

 国土交通省の航空輸送統計速報によると、3月の邦人航空会社による国際航空貨物輸送重量は前年同月比7.5%増の13万4782トンだった。  国際航空貨物の方面別重量は、中国が1続き

2024年6月6日

羽田国内貨物地区 生鮮センター本格稼働へ

 空港施設は今月下旬、羽田空港国内貨物ターミナル西側地区で生鮮センターを本格稼働させる。専用施設を整備して生鮮貨物の取り扱い機能を向上させるとともに、貨物の受け渡しや地区内の交通動続き

2024年6月6日

東京国際エアカーゴターミナル 燻蒸庫の利用一時停止

 東京国際エアカーゴターミナル(TIACT)は3日、定期点検のため燻蒸庫の利用を一時停止すると発表した。停止は7月27日午前8時30分から午後5時、8月2日午前8時30分から午後5続き

2024年6月5日

韓国新貨物航空会社のシリウス航空 日本など10路線配分、大型機10機

 韓国の国土交通部は5月24日開催の審議会で、同国の新貨物航空会社、シリウス航空に対し、日本路線(成田を除く)を含め、10路線の運輸権を配分した。同社は、釜山を本拠とする初の貨物航続き

2024年6月5日

韓国が11社に国際線30路線配分 地方から海外、LCC競争力確保も

 韓国の国土交通部は5月24日開催の審議会で、国際線の運輸権について同国航空会社11社に対し30路線を配分した。釜山など地方空港への配分数を増やしたほか、東アジアや東南アジア中心に続き

2024年6月5日

シカゴ向け航空貨物運賃 上海、香港発5ドル台が続く

 航空貨物運賃指数を提供するTACインデックスが3日更新した、5月27日~6月2日の米シカゴ向け航空貨物運賃(1キロ当たり)で、上海発が前週比0.18ドル減の5.76ドル、香港発が続き

2024年6月5日

米FAA デトロイト空港などに空港開発助成金 1.9億ドル分割り当て

 米政府はこのほど、国内空港インフラ整備のための助成金として約1億8700万ドル(約294億円)分の割り当てを発表した。デトロイト・メトロポリタン国際空港などを含む14空港の改修、続き

2024年6月5日

タイ・エアアジアがバンコク便就航 成田空港から高雄経由

 成田国際空港会社は3日、タイ・エアアジアが高雄経由のバンコク・ドンムアンの定期旅客便の運航を16日に開始すると発表した。機材はA320neo型機で、月・水・金・日曜日の週4便運航続き

2024年6月5日

国際空港上屋 成田南部の検査対応12月まで延長

 国際空港上屋(IACT)は4日、東京税関の成田航空貨物出張所南部事務所の検査場で、トラックからの貨物取り下ろしおよび積み込みサービスの提供期間を延長すると発表した。延長期間は7月続き

2024年6月5日

日本航空/住友商事 空飛ぶクルマ運航会社を設立

 日本航空と住友商事は電動垂直離着陸機(eVTOL)を国内で運航する新会社「Soracle(ソラクル)」を3日に共同で設立したと同日発表した。日航と住友商事は2020年にエアモビリ続き

2024年6月4日

航空会社が独自設定可能に 香港発FSC自由化、25年1月から

 香港政府は2025年1月から、香港発貨物に付加する燃油サーチャージ(FSC)の適用条件などを自由化する。航空会社は同月から、香港発便に搭載する貨物について独自のFSCレベルを設定続き

2024年6月4日

日本航空 印インディゴと旅客コードシェア

 日本航空は3日、インドの格安航空会社(LCC)、インディゴ(IGO)と旅客コードシェアで合意したと発表した。2024年冬ダイヤから、日航の東京―インド(デリー、ベンガルール)路線続き

2024年6月4日

フィンエアー 4年ぶり中部線、貨物は19トン搭載

 フィンエアー(FIN)は5月31日、中部―ヘルシンキ線の運航を4年ぶりに再開した。機材はA350型機。中部発便は定刻通り運航され、貨物約19トン、手荷物約4トンを搭載して中部から続き

2024年6月4日

ターキッシュエアラインズ 自社上屋でグリーン認証取得

 ターキッシュエアラインズ(THY)は5月30日、イスタンブール空港の最先端メガ貨物上屋「SMARTIST」が、グリーンビルディングの認証システム「LEED(エネルギー環境デザイン続き

2024年6月4日

日本航空<4月> 国際貨物14%増の3.9万トン

 日本航空の2024年4月の輸送実績で、国際の貨物取扱量は前年同月比13.7%増の3万9434トンと2カ月連続で増加した。日航は2月から約13年ぶりに自社フレイターの運航を再開して続き

2024年6月4日

空港グランドハンドリング協会 空港協力事業が入会

 空港グランドハンドリング協会は5月27日開催の第2期第1回理事会で、正会員として、空港協力事業、ヒラノ・スカイ・サポートの2社、また、賛助会員として、学校法人峯徳学園埼玉学園大学続き