1. ニュース

コラム

2023年6月26日

【展望台】持続可能な海コンドレージを

 「海コン輸送はドライバーにとって花形の仕事だったんですけどね」。あるコンテナドレージ関係者はこう嘆く。かつては収入も高くて稼げる職種であったため「花形」と言われる職業だったが、待続き

2023年6月23日

【展望台】離れていても

 離れて暮らしている家族に久しぶりに会うと、その変化に驚くことがある。例えば、甥っ子たち。少し会わないうちにこんなに大きくなったのか、こんなに速く走れるようになったのかと、嬉しい驚続き

2023年6月22日

【展望台】航空貨物で生鮮の存在感高まる

 国際航空貨物の荷動き、運賃が限りなくコロナ前水準に向かっている。TACインデックスによると、直近の6月12~18日の香港発・シカゴ向けの航空貨物運賃は今年最安値の4.4ドルをつけ続き

2023年6月21日

【展望台】「ながれる雲よ 舞うかもめ」

 世界税関機構(WCO)と万国郵便連合(UPU)による初の合同グローバルカンファレンスが今月6~8日にかけて都内で開催された。約80カ国・地域の税関および郵便事業体の関係者約300続き

2023年6月20日

【展望台】転じる空の景色

 国・地域によって国際航空旅客需要の回復にばらつきがみられる。2022年から急速に回復した欧米の勢いほどには、日本の需要が回復していないように感じられる。空港の受け入れ体制の確保と続き

2023年6月19日

【展望台】新造船は沢山の想いを乗せて

 海沿いを走る山陽本線に揺られて30分。曇天の瀬戸内海は自分の心模様を映しているようだった。前の晩、出張先の広島県でなんと、財布を落とした。幸い親切な方が拾って警察に届けてくださっ続き

2023年6月16日

【展望台】仕事と家族

 セミナーや総会、懇親会など多くの業界関係者が集う場で、ラッキーだと思うことの1つが女子トイレが空いていること。大してラッキーというほどではないかもしれないが、イベント会場やデパー続き

2023年6月15日

【展望台】「知らない」が生む危険を防げ

 今朝、ゴミ収集車から発煙しているニュース映像を見た。原因はスプレー缶か、リチウム電池か。火元が特定できなければ、水をかけたほうが良いのかどうかもわからない。手元に消火器が無ければ続き

2023年6月14日

【展望台】ゲームの技術が物流にやって来る

 最新鋭の技術。そう言える取材を国内で初めてしたのは、2017年のいまごろだった。ニトリの物流子会社、ホームロジスティクスの物流センターで、当時日本初導入だった自動倉庫型ピッキング続き

2023年6月13日

【展望台】仕事の魅力の発信

 大型連休中は実家に帰り、祖母と一緒に山菜取りや夏野菜の苗植え、稲苗の水やりなどに汗を流した記者。山では食べごろの山菜を見逃し「どごさ目がついったんだ(どこに目が付いている)」とど続き

2023年6月12日

【展望台】サステナブル時代に航空貨物は

 日本発着の航空貨物の落ち込みが続く。5月の大手フォワーダーの航空輸出混載重量は対前年で3割前後のマイナスとなっている。日本発全体では17カ月連続の前年割れで、6万トン弱程度だった続き

2023年6月8日

【展望台】消える、できる。

 国道の長いトンネルを抜けるとダムだった――。以前このコラムで記者は運転が好きだと書いたと思うが、今でも休日になると時々、一人で車を走らせて可能な限り遠くへ出かける。5月中旬には群続き

2023年6月7日

【展望台】2024年問題で人材獲得はさらに激化

 大手住宅メーカーの積水ハウスは5月29日、2025年4月入社までの高校卒業予定者を中心とした“住宅技能工”の採用計画を発表した。24年4月入社では、今期の2.4倍の95人、25年続き

2023年6月6日

【展望台】公共財としてのコンテナ統計

 コンテナ物流の動向を把握するためには、客観的かつ信頼できる統計が重要な役割を果たす。米国発着などの主要トレードでは、コンテナ荷動きに関する統計が定期的に公開されているが、日本発着続き

2023年6月5日

【展望台】はたらけどはたらけど

 4月13日は、明治の歌人・石川啄木の命日「啄木忌」だった。啄木は26歳で夭逝する直前まで、東京朝日新聞に勤めていたことで知られている。それ以前の漂泊時代にも、北海道の函館や釧路の続き

2023年6月2日

【展望台】平時のスペースをどうするか

 国際航空貨物の荷動き鈍化が継続している。中華圏の旧正月を主因に、年初から大きく物量を落とした日本発着の航空貨物総量は、需要期の3月に30万トンに迫って昨秋並みを回復していた。しか続き

2023年6月1日

【展望台】荷主は何を学んだか

 新型コロナウイルス禍でいつも違和感を持っていた。国際航空旅客便の大幅な減便・運休と海上混乱でスペース需給が逼迫し、運賃の高騰が続く中、フォワーダーからは荷主とのスペース・運賃交渉続き

2023年5月31日

【展望台】航空交渉の新主題

 少し前までは、各国・地域との「航空交渉」「航空政策対話」と言えば、就航地点(空港)や輸送力(便数など)、乗り入れできる航空会社の数などに関する協議に焦点があたっていた印象が強い。続き

2023年5月30日

【展望台】新たな武器を携えて

 「初めまして」を言う回数が増えた。最近の取材を通して、そう感じている。入社してもうすぐ2年。これまでコンテナ船社の方々をはじめ、たくさんの業界関係者とご挨拶の機会をいただいた。港続き

2023年5月29日

【展望台】頼れる港湾に

 数日前、明け方に飛び起きた。「なぜいま私は起きたのか」。寝ぼけたままの頭で、起きた瞬間にそう思った。心臓がバクバクしていて、そのせいか眠気は全くない。そして非常に大きな音でスマー続き