1. ニュース

コラム

2023年5月18日

【展望台】総合物流とコンテナ船

 世界保健機関(WHO)が今月、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の終了を発表し、コロナ禍が収束しつつある。この2~3年間のコンテナ船業界はこれまで見たことのないようなマーケット環境続き

2023年5月17日

【展望台】G7広島サミットが生かす経験

 先進国主要7カ国会議(G7広島サミット)が5月19~21日に開催される。会場となるグランドプリンスホテル広島は、陸地から橋ですぐ近くの宇品島の先端に建っている。ホテルの近くには「続き

2023年5月16日

【展望台】コロナ経てフレイターの価値は

 新型コロナウイルス禍の航空貨物の特需が収束し、足元は世界的に航空貨物の物量が減り、運賃もコロナ前よりは高いとはいえ下落傾向が鮮明だ。コロナ禍に活躍の場が大きく広がり、海外では船社続き

2023年5月15日

【展望台】越境ECとフレイター

 「ちょっと見てくれるかい」――。会社更生手続きを進める中、自社貨物機の運航を止めた日本航空の幹部が取り出した1枚の紙には、「JALCARGO」のロゴ入りフレイターが描かれていた。続き

2023年5月12日

【展望台】旅客の賑わいと貨物流動

 今年の大型連休の航空旅客数は昨年を大きく上回ったという話題が目立っている。特に国内線が好調で、コロナ禍前を上回る実績を確保した航空会社もあるようだ。国際線はコロナ禍前を超える水準続き

2023年5月11日

【展望台】船内図の一部を見つめて

 5月2日の午後11時。横須賀中央駅に向かう赤い電車に揺られていた。電車内はゴールデンウイークの遅い時間にもかかわらず、結構な人で混み合っていた。運良く横浜駅で着席することができた続き

2023年5月10日

【展望台】もし無料になったら

 昔、ロンドンのナショナル・ギャラリーを訪れて驚いたのは、貴重な絵画が多数展示されているにもかかわらず入場料がないことだ。ただし、単純に無料というわけではなく、入り口などには大きな続き

2023年5月9日

【展望台】技術ありきの未来へ、その道中で

 ゴールデンウイーク中の5月5日。その日は急激に気温が上昇し、日差しも強く、真夏のようだった。鯉のぼりが真横にたなびいていなかったから、風速は5メートルを下回っていたはずだ。うだる続き

2023年5月8日

【展望台】嵐の後の爪痕

 コロナ禍で巻き起こった未曽有の国際物流の混乱と運賃高騰が約2年間にわたって続いたのちに収束し、新年度がスタートした。予期されていたマーケットのかく乱要因のほとんどは過ぎ去ったよう続き

2023年5月1日

【展望台】海上交通の要衝

 チョークポイントという言葉がある。海運においては海上交通の要衝を指す。世界ではマラッカ海峡やジブラルタル海峡、パナマ運河のほか数年前メガコンテナ船の座礁で話題となったスエズ運河な続き

2023年4月28日

【展望台】若い人材を海外に送れ

 先日、航空フォワーダーの空港外施設を見学させてもらう機会があった。このところの輸出貨物の落ち込みで、施設もスカスカかなと思っていたが、思いの外、多くの搬入貨物が置かれていた。在庫続き

2023年4月27日

【展望台】イノベーションの実験場

 4月上旬、大阪に旅行した時の帰りがけの話だ。19時前に新大阪駅を出る東海道新幹線で東京に帰るのだが、それまで2時間ほど余裕があった。地下鉄の西梅田駅にいた記者は、同駅に直結する大続き

2023年4月26日

【展望台】飛行船に再注目

 スペインのバレンシア港で、飛行船を活用して港湾施設や水路を監視する取り組みが進んでいるという。海外メディアが報じた。同国のスタートアップ企業の協力を得て、港湾周辺の監視を強化する続き

2023年4月25日

【展望台】百聞は一見に如かず

 新型コロナウイルスが来月から感染症法上「5類」に移行し、コロナ前の日常に戻りつつある。先週、久しぶりの海外出張として北東アジアのハブ港となる釜山港を視察した。コロナ禍以前から「日続き

2023年4月24日

【展望台】マリンタクトが奏でる大阪湾の海上交通

 第五管区海上保安本部(本部=神戸市)は3月、大阪湾海上交通センターの新庁舎の開所式を開催した。同センターは1993年、淡路島北端に設置されて業務を開始した。大阪湾と瀬戸内海を結ぶ続き

2023年4月21日

【展望台】運賃もコロナ前に戻るか

 4月も後半に入り、世界的に航空貨物のスポット運賃が再び下落に転じている。運賃情報を提供するTACインデックスによれば、世界発平均の運賃指数は直近2週間が2300台で横ばい。230続き

2023年4月20日

【展望台】ハブ・アンド・スポークの未来

 フェデラルエクスプレス(フェデックス)がサービスを開始して17日で50周年を迎えた。創業者で現在はフェデックス・コーポレーション会長を務めるフレデリックW.スミス氏の独自理論「ハ続き

2023年4月19日

【展望台】生命の起源を探る旅路

 夜空で最も明るい恒星は、おおいぬ座のシリウスだ。このシリウスはオリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオンとともに、冬の大三角形を構成している。「夜空で」とあえて書いたのは、地続き

2023年4月18日

【展望台】GWの足音

 ゴールデンウイーク(GW)まで、あと半月。旅行好きの友人たちとの呑み会での最近の話題はもっぱら「GW何する?」だ。大型連休ゆえに、宿も交通手段もとんでもなく高い。長らくお世話にな続き

2023年4月17日

【展望台】ラグジュアリーな新顔

 この春から外国客船が3年ぶりに日本寄港を再開したりと明るい話題が増えてきたクルーズ業界だが、いまだ興奮冷めやらぬトピックといえば、やはり商船三井が3月に明かした中古客船の購入だ。続き