コラム

2022年7月22日

【展望台】魅力ある港湾業界に

 港湾の労働者不足が懸念されている。国土交通省港湾局が2020年に実施した港湾労働者不足に関する調査によると、19年度下半期時点で港湾労働者の不足感があると回答した事業者は55%と続き

2022年7月21日

【展望台】関西物流展に見る人の流れ

 新型コロナウイルス感染者数の数が、また増え始めている。報道では専門家から第7波の指摘もあって、ニュースでも病院で対応に当たっている医師たちの姿や現場の状況の映像を目にすることが増続き

2022年7月20日

【展望台】円安で航空貨物の輸出入額も最多

 先週、為替相場が1ドル=139円をつけて24年ぶりの円安となった。この間も記録的な円安水準が続いていたが、米国が大幅な利上げを決めてさらに値下がりが加速した。足元も138円台を維続き

2022年7月19日

【展望台】物流はヒトと共に

 国連経済社会局(UNDESA)人口部は7月11日の世界人口デーに合わせて「世界人口推計2022年版」を発表した。世界人口は今年11月15日に80億人に達し、インドは23年に中国を続き

2022年7月15日

【展望台】受け入れに難あり

 国・地域によって傾向に違いはあるものの、航空旅客需要が回復し始めた。水際対策の緩和なども背景に、国際旅客便運航再開の話題も頻繁に聞かれるようになってきた。  欧州の主要空港続き

2022年7月14日

【展望台】ハイブリッド取材の時代

 新型コロナウイルスによる移動制限が緩和され、出張や懇親会などの機会が増えてきた。「先週、欧州に行ってきたよ」など、海外出張のお話を聞くこともしばしば。海事産業はもともとグローバル続き

2022年7月13日

【展望台】阿吽の呼吸に期待しない

 友人が電話口の向こうで文句を言っている。夏を乗り切るために購入したマスクに装着するタイプの扇風機の風量が想像以上に弱かったらしい。そのため、首に冷却プレートを当てて体温を下げる「続き

2022年7月12日

【展望台】何度でも立ち直り、前へ

 国内でショッキングなニュースが相次いだ先週。記者もしっかりメンタルダメージをくらい、情緒不安定気味だった。海外では、スリランカの財政破綻宣言、航空ではスカンジナビア航空の米国での続き

2022年7月11日

【展望台】日ごろ目にしない景色

 6月後半。コロナ禍以降、プライベートで最も遠出した。2020年2月から現在まで、都内を出たのは出張などで3回きり。家族は帰省したりもしているが、2年前に犬を飼い始め、私とワンコは続き

2022年7月8日

【展望台】港湾労働者トム・クルーズ

 先日、満を持して公開されたトム・クルーズ主演の映画「トップガン マーヴェリック」が大ヒット上映中だ。これまで多くの人気映画でさまざまな役柄を演じてきたトム・クルーズだが、やはり戦続き

2022年7月7日

【展望台】新入社員も、貨物も変わる

 「すいません。今会議室が埋まっておりまして」と、いつもと違う部屋に案内され、リクルートスーツの学生とすれ違う。取材先でこの時期よくある一コマに、懐かしさを感じた。新型コロナウイル続き

2022年7月6日

【展望台】進む脱プラスチック

 カナダは6月、リサイクルの難しい使い捨てプラスチック製品の製造と輸入を禁止することを決めた。レジ袋やストローを含む広範な品目が対象になるとみられ、今年12月から実施するという。先続き

2022年7月5日

【展望台】港湾のSDGs

 日本港湾でESG・SDGsへの取り組みが加速している。港運分野では、日本港運協会が昨年6月にESG・SDGs対策委員会を設立。環境対応やダイバーシティの推進、健康経営、BCPへの続き

2022年7月4日

【展望台】災害への備え

 梅雨が明けた。今年の梅雨は短い期間で終わり、連日、猛暑への警戒が叫ばれている。だが、ゲリラ豪雨、線状降水帯といった言葉がニュースにも出てくるように集中的な雨が災害を引き起こしたり続き

2022年7月1日

【展望台】コロナが変えた米中路線のシェア

 国土交通省がこのほど発表した2021年度(21年4月〜22年3月)分の航空輸送統計によると、同年度に全日本空や日本貨物航空、日本航空の邦人航空会社が運んだ国際航空貨物量は、前年度続き

2022年6月30日

【展望台】NXHDのナナ・イチ

 NIPPON EXPRESSホールディングス(NXHD)は7月1日付でグローバル事業の統括機能を強化する。本社グローバル事業本部(GBHQ)がNXグループのグローバルロジスティク続き

2022年6月29日

【展望台】糸口は掛け算から

 新型コロナウイルス感染拡大による旅客便の運休・減便、機材小型化の影響を受けている国内航空貨物輸送量にも、ようやく回復の兆しが見えてきた。  今年5月の国内航空貨物輸送量は前続き

2022年6月28日

【展望台】確実に動き出している

 日本も観光目的の外国人の来日を一部解禁し、人の流れが戻り始める。ビジネス往来も世界各地で一段と緩和が進む。海事産業の幹部からも海外出張を再開したと耳にすることが増えてきた。記者自続き

2022年6月27日

【展望台】アセットライトは継続

 「自動車離れ」という言葉を聞くようになって久しい。車に限らず、洋服、家、音楽などさまざまなジャンルでレンタル、サブスクリプション、シェアといったサービスが乱立している。持たないと続き

2022年6月24日

【展望台】最新狭胴機、「ベリー」危機を呼ぶか

 たまには小さい飛行機の話をしよう。一般に、民間航空機は、客室に通路が一つある単通路型のものを「ナローボディ(狭胴機)」、通路が二つの双通路型を「ワイドボディ(広胴機)」と分ける。続き